2005年10月10日

水と油「Patchworks2−水と油小作品集−」

oilandwater.gif

三連休の初日、「水と油」の公演を見てきました。

「水と油」はダンス、マイム、芝居の要素を絶妙に混ぜた
作品を創るカンパニー。
とっっても面白かったぁ〜〜!!!!!

踊りに興味がない人も、楽しめると思います。
ホームページで少しだけ動画も見れるので、ぜひ見てください★

http://www.mizutoabura.com/

---------------------------------------------------

作品のなかに、普通の、いわゆる「会社」が舞台となっている
ものがあったのだけれど、日常のふとした動作のおかしさ・
面白さをきりとっていて、自分が見過ごしているものへの
気付きを与えてくれるような気がした。

日常の動作も踊りに成り得る。それは分かっているし知っている。
なのに、見事に素晴らしい作品にされていると
やっぱり新鮮な驚きがある。

こういうのって「センス」なんだなぁ〜〜と思った。
真似できそうで、絶対できない。

踊りのテクニックがある人たちは他の舞台でもいっぱい見れるけど、
技を見せるためだけの技・振り、というのは見たくないし疲れる。
(もちろん、テクニックがないと動きは合わないので、
演じる側のちょっとした心がけ次第なんだろうけれど。)

「水と油」出演者たちの息ぴったりの動きは、作品における
構成・演出の重要さを教えてくれたようなかんじ。

また観にいこう。
posted by め at 19:54| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | Theatre | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8037021

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。