2004年09月18日

岩盤浴とダンス

今日はセンター南にオープンした「岩盤浴」なるものを試した。
特殊鉱石のベッドに横になり、身体を数分温めるのだけれど
これで驚くほどの多量の汗が出る。
よもぎ蒸しもして、なんか身体の中がキレイになった気が♪
安かったし、また行ってもいいな。
 
夕方からはダンス。
先週の練習不足を反省し、今日は自分的には意気込んで行った。
(昨日ドカ食いしちゃったしネ。)
運動してかく汗って、やっぱり気持ちいい。
そして、音にあわせて体を動かすって、やっぱり気持ちいい。
踊り、って、人間の本能で楽しめるようにできているんだと思う。
 
突然だけど、ダンサーって、絶対変な人種だと思う。
ナルシストでマゾヒスト。
ま、ナルシストな度合は人によって違うけど、マゾなことに間違いない!
【根拠1】暑いのが好き。
スタジオの中はめちゃくちゃ暑い。岩盤浴も真っ青。 その中で皆厚着なのだ。真夏も長袖。 身体を冷やさないように、とかそういうレベルじゃない!
サウナ状態のスタジオでバカみたいに汗かきながら 運動している。(普通、冷房入れるって。笑) 酸欠か脱水症状になる人がいないのがフシギだ。
【根拠2】身体を痛めつけるのが好き
自分の身体の「できる範囲で頑張る」のじゃなく、負荷をかけてナンボ、 みたいな。
普通の人に比べれば身体は柔らかいだろうけど、それ以上に、 心の持ち様が違う気がする。
【根拠3】身体を探求するのが好き
自分の身体の可能性を方向性を、居場所を、「探求」していると思う。
マゾっていうのとはちょっと違うか。
それは「探求」としか言い様がない気がするのだ。。。。
踊りをしていて思うのは、身体それ自体が一番の「個性」だってこと。
それに自分の限界を感じることも多々あるけれど、でも踊りは止められない。
 
・・・・・・・・びょうき??
posted by め at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/626119

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。