2005年02月24日

金森穣「no・mad・ic project」

金森穣さんの公演「ノマディック・プロジェクト」を見た。
朝日芸術大賞を受賞した公演の、再演。
 
初演のときは有名なダンサーもメンバーに入っていたし
あまりに完成度が高かったので、
これがnoismによって再演されたらどうなるんだろう??
とちょっと不安に思っていた。
 
でも、、、、、、、、
結果から言うと、すごく良かった!!!!!
もう、単純に動きが面白いし、圧倒された★
難しいこと考えず、目の前で繰り広げられる空間に惹きつけられた。
 
 
よくダンスをやっていて言うのだけれど、
再演は初演より良くなくては、同じだけの評価は得られない。
再演する=同じものをやればいい、のではない。
それでは観客に感動を与えられない。
 
今回の作品、初演時とは振付も衣装も演出にも変化が。
作品の根幹は一緒なんだけど、まさに「進化」していた。
 
そしてダンサー達も。
この約1年間、さまざまな作品を一緒に踊っているだけあって
カンパニーとしてまとまりが出てきていた。
元来技術の高いカンパニーだったのだろうけれど、
それがちゃんと相乗効果になっていた。
 
男性ダンサーの魅力的なこと!!!
日本人ダンサーも頼もしくなったなー。
従来のナルちゃん(ナルシスト)ばかりじゃなくなった。
 
最近ではすっかりダンスから離れている私ですが、
しなやかに力強く踊るダンサーを見ていたら
気持ちがひきしまりました。
 
穣さん率いるNoismの今年の予定にもビックリ、で
またまた楽しみだ!
 
posted by め at 23:27| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Theatre | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2150931

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。