2009年12月18日

そんな年の瀬

今年を振り返ると「仕事が忙しかった!」がもう何よりも一番に来てしまう。

4つの新製品、2つの季節プロモーション、その他アドホックで発生したいくつものプロジェクト、、、、、
1年間常に複数プロジェクトの準備期間と実施期間が全て重なってて、常に「何か忘れ物がありそう」という不安と焦燥感に怯えていたような気が。

本来の業務以外の「見えない業務」をなるべく減らして効率性をアップさせたいんだけど、そういう評価に直結しない業務って誰もやりたくないから結局自分にまわってくる。
「本来私のところに来るはずじゃない案件なのに!」と思うようなこともいっぱいあって泣きそうになっているし、実際一度キレた(笑)

そんな状況の中参加した会社忘年会。
ついつい愚痴ってしまったら、同僚が笑って
「だってしょうがないじゃない、仕事は一番忙しい人に頼めって言うし」(←初耳exclamation×2
「(私が面と向かってキレたマネージャー)は信頼してる人にしか厳しく接しないんだよ。俺なんか上司経由でしか頼まれたことないもん。だから大変だろうけどむしろ羨ましいよ。」と次々励ましてくれて、ジンときた。。。。もうやだ〜(悲しい顔)

3月にこの製品を担当するようになった当初「私の仕事って微妙〜。つか、いらなくない?」と思ってたことを思い返せば、いま色んなプロジェクトに関われていることは嬉しい悲鳴だと思う。
一人じゃ回せないから今まで以上に色んな人に支えてもらってきたし、その中で新たな(仕事上の)出会いもあったし。
ちゃんとやりたいと強く思えば思うほどに、全てに同じ集中力で目を配れないことが辛くて苦しかったけど・・・・ それも勉強なんだなぁ。

どうしても目先の不幸の数ばかり数えてしまうけど、自分がどれだけ恵まれていることか。もっとポジティブに、俯瞰的に物事を見ていかなくちゃ本当に不幸になっちゃう。気をつけよーっと。


・・・・とか真面目に書きつつ、来年はこの自転車操業的ワークライフから卒業して私生活の充実を図りたい! 
posted by め at 01:59| パリ ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アータのブログ読んでると、テンションがガタガタ落ちますよ。
自分の不甲斐なさに対して…。

頑張ってる人には必ず良いことがある。でなきゃ嘘だ。
Posted by ガーンバリヤー at 2009年12月18日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。