2008年09月24日

SATC the Movie

やっとこさ見たSex and the city the movie。

相変わらず、「ライターが(いくら本が売れたからと言って)マンハッタンに自分のアパートを持って、ブランドものの服に1足10万近くするマノロの靴を山ほど持てるというファンタジー」は健在。まぁ、そこがいいんだけど。

それぞれを取り巻く環境が変わっても仲良くブランチをして、一緒に遊んでいけるのは、やっぱりあの4人にはお金があるからじゃないだろか・・・と現実に思いを馳せるアラサーな私、ジャパニーズ。(お金があるから友情が続くという意味じゃないっす)

で、あそこまで行くには20代と30代のときに相当頑張らなくちゃいけないはずで、そういった意味で唯一の20代女子として出てくるルイーズ(ジェニファー・ハドソン)はもっと、良くも悪くもガツガツしてて欲しかったなぁ。彼女、キャリーのアシスタントっていうよりnannyみたいで、40代のキャリーよりずっと落ち着いてて分別があった。(田舎出身で気立てがいいから、、、でOKなの?) 20代と40代の違いがブランド物を買えるかレンタルするかだけなんて! これだけ魅力的な40代女性が出ててるドラマなだけに、全然convincingじゃなーーいバッド(下向き矢印)

・・・・とは言いつつ、久しぶりに見る4人のトークは相変わらず楽しくて、台詞もジョークいっぱいで、何度も笑ってしまう。特にサマンサ!笑わーい(嬉しい顔)
これまた久しぶりに出てきたコスモポリタンが美味しそうで、見終わった後飲みたくなった!

SATC、やっぱり英語教材には良いかも。DVD見直そう。
posted by め at 00:00| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107128098

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。