2008年02月28日

空白に落ちた男@ベニサン・ピット

引越し前で現実逃避ばかりしていたここ数週間。

火曜日、仕事帰りにベニサン・ピットで「空白に落ちた男」を見る。
この公演のことを偶然(仕事中にネットを徘徊していてw)見つけて、その日のうちに行ってしまった。こんな即断即決で舞台見に行ったの、久しぶりだわ。

なんで即断即決?
・・・・なぜなら「水と油」の小野寺修二とバレエダンサー首藤康之のコラボレーションだから!

「水と油」は2006年に活動休止したパフォーマンス集団。
パントマイムとダンスと演劇を絶妙にmixした作品は本当に面白かった(また見たい!)。そんな「水と油」を主宰していた小野寺(a.k.a.おのでらん)と首藤さんが一緒の舞台に立つなんて、これはもう面白くないわけがない。音楽はcoba。しかも劇場がベニサンピット。あんな狭い会場で見れる機会はそうないかもしれない。
・・・そう思ったらいてもたってもいられず、気がついたら会社帰りに都営新宿線乗ってた(笑)

さて感想。

凝った舞台装置、cobaの音楽、独立しているようで繋がっているそれぞれのシーン。何とも言えない不思議な世界が繰り広げられて、すごく良かった!
バレエでもなく、マイムでもなく、コンテンポラリーでもないパフォーマンスである、という点で「水と油」の作風にすごく近いと思った。

最近、踊りを観にいくと出演者の「上手さ」が逆に鼻につくようなことが多い。足をあげるのも回転もジャンプも、あくまで「技術」であって、それ自体を何度も見せられても出演者の自己満足と、振付者の怠慢にしか見えない・・・・というのは私が捻くれてるからかな?

でもこの舞台のように構成、表情や動き、演出がよく練られていて単純に「面白い!」って思えるものはすごく好き。見てて嬉しくなる。

以下、長いので「続き」へ。続きを読む
posted by め at 14:26| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Theatre | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。